動物JP

日本に生息する動物を中心にお馴染みのペットなどを紹介

淡水魚 魚類

ワカサギ(公魚)の生態と特徴。釣り~飼育、料理など

2016/09/27

wakasagi2

氷結釣り、てんぷらやからあげと、釣りに料理に人気のワカサギ。ですが、ワカサギという魚となるとあまりよく知らない方も多いのではないでしょうか。

ワカサギはシシャモに近い仲間で、日本のいたるところで釣られていますが本来は冷水性の魚です。ではなぜ、現在のように日本全域に分布を拡大することができたのでしょうか。

SPONSORED LINK

生態

生息地・分布

wakasagi

ワカサギは本来、日本では千葉県あるいは茨城県霞ケ浦以北の太平洋岸、島根県宍道湖以北の北日本日本海側に分布しています。

また、冷水性の種であるため、国外ではロシアのウスリー川、オホーツク海に注ぐサハリンの河川、ベーリング海流入河川のアナジリ川、カリフォルニア州に生息しています。

ワカサギは水質の悪化や塩分に対し、非常に高い適応を示すこと、さらに釣りや食用の需要が高いこと、といった理由のため、日本各地の湖沼、ダムに放流されました。その個体が定着したため、現在では冷水性種にもかかわらず、南西諸島および伊豆・小笠原諸島をのぞき、鹿児島県を南限として分布するようになりました。

ワカサギは成長期になると海へ降る「両側回遊型」とよばれるものと、一生淡水域で生活する「陸封型」の2タイプの生活史を持つことが知られています。

また、寿命は1年であることが普通ですが、北海道のような寒冷地域では年を越した2年魚、3年魚も出現することがわかっています。

食性・餌、天敵

小型でスマートな体型のワカサギは肉食性で、ミジンコなどの動物プランクトン、魚卵やほかの魚の稚魚も捕食します。

ちなみに、天敵はブラックバスをはじめとする、ナマズニジマス、ヒメマスなどの大型肉食性魚類にくわえ、サギなどの水鳥も挙げられます。

SPONSORED LINK

飼育について

ワカサギ釣りの際、ぴちぴちと元気よく跳ねる魚を見ていると、「家で飼えるかも」と思う人もいると思います。しかし、ワカサギの飼育は割合難しく、中~上級者向けといえるでしょう。

釣り場~自宅まで

とくに、ワカサギは酸欠に弱いため釣り場から自宅へ持って帰るまでが正念場です。もし生かして持って帰りたい場合は、

  1. 水温を低めにするため、氷やクーラーを用意する
  2. 袋に入れる場合は、袋を酸素で満たしておく
  3. クーラーや袋には小数のみ詰める
  4. 絶対にエアレーションを欠かさない

以上のことに注意しましょう。

また、釣りで採集する場合は、針が外れやすくなりますが「カエシ」をつぶすことで魚への負担が軽減できます。針から外す場合、直接手で触らないようにしましょう。

飼育

このように採集から運搬だけでも制約がつきまとうワカサギですが、むしろここからが本番です。まず、釣った個体は傷口から菌やカビが入りやすいため、2から3日間、飼育用とは別の水槽で薬浴します。

飼育には、水槽、フィルター、エアレーション、底に敷く砂、水温計を最低限用意しましょう。

ワカサギは群れで回遊する魚なので、水槽はなるべく広めのもの、可能なら90cm以上のものを用意しましょう。

最低でも、60cm水槽でなければワカサギにはかなり窮屈な生活を強いることになります。餌には淡水魚用の赤虫を与えましょう。

エピソード

ワカサギは徳川幕府の頃、11代将軍の家斉に年貢として納められ、「公儀御幼魚」とされたという由緒ですがそれは昔の話。

日本全国津々浦々、大人気のワカサギですが、いわゆる「国内外来魚」です。

たとえば、箱根では芦ノ湖のワカサギ釣りが名物で、冬には料理に養殖、釣りにとにぎわうことで有名です。

そのため、ワカサギを町の魚に、とスローガンがあるくらいです。しかし、芦ノ湖は神奈川県の湖ですから、本来はワカサギが生息していない地域なのです。

実は、世界共通の生物の名前、「学名」に「箱根」の名前をもつ魚がいます。

この魚は、川魚でもおなじみの「ウグイ」です。「Tribolodin hakonensis」と、箱根にふさわしい魚なのですが、芦ノ湖では「雑魚」扱いであり、辛酸をなめるなんともかわいそうな魚です。

SPONSORED LINK

-淡水魚, 魚類

合わせて読みたい記事