動物JP

日本に生息する動物を中心にお馴染みのペットなどを紹介

恐竜

波乱万丈、トリケラトプス!実はトロサウルスのこどもの姿?

2016/09/30

  • 食性:草食
  • 体長:8~9m
  • 出現時期:白亜紀後期
  • 発見場所:アメリカ、カナダ
  • 分類:周飾頭類(けんとう竜、角竜など) ケラトプス類 ケラトプス科

多様に存在する草食恐竜の内、最も有名なのがこのトリケラトプスでしょう。

特徴的な三本の角とがっちりした体格をもち、ティラノサウルスと人気を二分する存在です。

SPONSORED LINK

特徴

角(つの)について

草食恐竜の場合、多くは自分の身を守れるような身体を持っています。

しかし、トリケラトプスは完全に攻め用、相手を貫くためにあるようなその三本の角は、肉食恐竜にとっても脅威だったに違いありません

トリケラトプスの名前の由来は、「三つ」という意味のトリと「角を持つ顔」を意味するケラトプスが合わさったものです。

その他にも顔に特徴がある種類の恐竜が多く存在し、全てこのケラトプス科に属します。

襟飾りについて

角以外にも、頭には大きな襟飾りがありますが、何のために備わっていたのかは今でも議論されています。

有力なのは体温調節用に身体の表面積を大きくしたという説

近い種ではもっと大きな襟飾りを持っていたり、穴の空いたものがいたことが理由でしょう。

トロサウルスの子どもだった?

これを裏付けるかのように、少し前にある研究結果が発表されました。

それは、トロサウルスと呼ばれる今ままで違う種とされていた恐竜が、実はトリケラトプスの大人の姿である可能性が高いことです。

トロサウルスは、襟飾りが大きく、穴が空いている化石が見つかっています

ですが、その化石は全て大人のもので、子どものころの化石は一切見つかっていません。
サイズもトリケラトプスより一回り大きく、成長の過程で襟飾りが大きくなり、その重さを軽減するために徐々に穴が広がった結果、見た目は大きく違う2つの化石となった、と推測されている訳です。

仮にこれが証明された場合、トロサウルスは分類上消えてしまい、トリケラトプスの種類に統合されます。

以前この情報を元に、トリケラトプスが分類上消えてしまうとの噂が、ネット上に広まったことがありました。

これは全くのガセで、分類学上先に定義されていること、化石も数多く見つかっているので、統合されてもトリケラトプスは残ります。

なによりトロサウルスよりトリケラトプスの方がかっこいいですし。(主観)

SPONSORED LINK

諸説

トリケラトプスはいなかった?説

その話題よりも以前に、もっと大きな出来事がありました。それこそトリケラトプスという恐竜自体が存在しない可能性があったのです。

それは、「トリケラトプスの化石見つけた人、恐竜じゃなくて太古のバイソンと間違えた事件」です。

この物語は1880年代後半、恐竜の化石が発見され始めたまだ発掘初期の話。

その当時、時代の同定(地層などから化石が見つかった時期を判断すること)もはっきりしていなかったので、とある地域で見つかった大きな角と断片的な化石は、初めは現代には存在しないバイソンの化石だと主張されました(一時は本当に分類されたみたいです)。

実際バイソンの角との類似点は多く、角を持った爬虫類の化石はまだ見つかっていなかったことから、そのような結論になったのでしょう

翌年に同じような角の化石が発見され、それが白亜紀の大型の爬虫類のものと断定された後、このバイソンの化石もそれらに含まれることになりました。

その結果、その地層が示す時代も白亜紀であることが判明し、一つの論争に終止符が打たれました。

この大きな出来事により、今日のトリケラトプスがあるわけです。それからは全身の化石など、様々な種類が数多く発見され、一時は16種類にも分類されていました。

ただそれらの違いはごくわずかであるため、専門家が現時点で認めているのは2種類ほどしかありません。逆に言えば、それだけ化石から詳しい情報が得られている恐竜ということです。

ではなぜトリケラトプスの化石はそれだけ数多く発見されているのか、それはトリケラトプスは恐竜が絶滅するギリギリまで多く存在していた、群れで生活していたため天災などで一箇所で同時に息絶えたなど、様々な理由が考えられます。

トリケラトプス最強説

これはあくまで推測ですが、白亜紀後期の地球を支配していたのは、トリケラトプスだったのかもしれません。

草食と言えど、肉よりも硬い太古の植物をエサにするため、発達したアゴの力は凄まじいもの。

そのするどい角と、強靭な口(鳥のクチバシのような)で、「ゆくゆくは肉食恐竜もエサにするつもりでしたよ」と言われた日には、ティラノサウルスも真っ青です。

あまり知られていないだけで、話題に事欠かないトリケラトプス。温厚そうな見た目からは分からない様々な可能性や物語を、さらに調べてみるor勝手に妄想する、のもなかなか面白いですよ。

SPONSORED LINK

-恐竜