動物JP

日本に生息する動物を中心にお馴染みのペットなどを紹介

野鳥

絶滅危惧種の鶴、タンチョウの生態と特徴。現在の生息地や数

tanchou2

鶴の姿を思い浮かべて、まず思い出すのはタンチョウではないでしょうか。
日本にはマナヅル、ナベヅルなど様々な鶴がいますが、最も有名なのはタンチョウです。

北海道の釧路湿原に暮らし、冬になると餌場に多くのタンチョウが飛来し、一大観光資源になっています。
一方で最近は数が増えすぎて、人間とトラブルになることも。

希少動物でありながらイメージの中では身近なタンチョウとは、どのような鳥でしょうか。

SPONSORED LINK

タンチョウの生態と特徴

生息地

tanchou_kushiroshitsugen

※釧路湿原とタンチョウ↑

現在、日本の生息地は北海道の東部に限られます。釧路湿原は特に有名な繁殖地です。
江戸時代までは北海道全域に分布し、江戸の荒川などにも飛来していました。鶴は最高級の獲物のため、藩は一般人に狩ることを禁じ、厳重に保護していました。
しかし明治になり、藩の縛りがなくなったタンチョウは次々に狩られ、絶滅したと思われていました。

現代の保護活動

しかし1924年に釧路湿原に30羽ほどのタンチョウが留鳥として生息していることが確認され、それから保護活動が始まりました。冬には餌場を作り、タンチョウを餌付けしようと試みましたが、人間を恐れてなかなか人里に近づきません。

1952年の記録的な寒波が襲った年に、ついに飢えたタンチョウがエサを求めて阿寒村の畑にやって来ました。

それからは毎年人里に現れるようになり、餌付けを行い数は順調に増やしています。

現在の生息数

現在は1300羽ほどいると推測されています。釧路湿原から離れ、石狩平野などに遠征することも。2015年には札幌上空を飛来する姿が確認されました。
まだ北海道全域に分布するほど数は回復していませんが、絶滅の危機からは何とか乗り越えることができました。

世界の分布

世界でも東アジア圏だけに生息し、ロシア南東部や朝鮮半島、中国東北部などに生息しています。

夏には中国やロシアのアムール川流域などで繁殖し、冬は朝鮮半島や中国の長江流域などで越冬します。

日本で生息するタンチョウは留鳥で、渡りは行いません。

特徴

ツル目ツル科の鳥類で、日本の野鳥の中では最大級の鳥です。

体の特徴

tanchou_fly

くちばしの先からしっぽの先まで125~152cm、翼を広げると240cmにもなります。体重も比較的重く、6~12kgもあります。

この巨体で空を飛ぶため、胸の筋肉が非常によく発達しています。足も非常に長く、湿原で暮らすのに最適な作りをしています。
2016年現在は絶滅危惧Ⅱ類に分類され、厳重な保護活動が続いています。特別天然記念物にも指定されています。

タンチョウの語源でもある頭の赤い部分は、羽毛が生えていません。これは露出した肌の色で、近くで見るとニキビのような赤い出来物が一面に露出しているのが分かります。

tanchou_atama

全身は白く、首と翼の一部は真っ黒です。タンチョウの尾羽は黒いと勘違いされがちですが、これはお尻の部分に翼の黒い部分が覆い被さっているため。羽を広げると、短く白い尾羽が見えます。
くちばしは長く、湿原の動植物を食べるのに適しています。

鳴き声

ツルは遠くまで響きわたる大きな鳴き声を挙げますが、これは気管がトランペットのように曲がっているため。

竜骨突起という骨の間を間がりながら気管が通っているため、強く息を吐くと大きな声が響きます。

タンチョウを観察すると、つがいで鳴き交わしている姿をよく見かけます。

繁殖~こそだて活動

tanchou_oyako

タンチョウは釧路湿原などの湿地帯で繁殖します。

3~5月ごろから繁殖を始め、つがいで協力して巣作りから抱卵、育児を行います。

湿原の地面が現れた場所に枯れ草などを敷いて巣を作ります。タンチョウは大きな鳥ですが、抱卵でうずくまると湿原の草に隠れて、ほとんど見えなくなります。

産卵

通常2個の卵を産みますが、無事に2個とも生まれ育つのは10%ほどと言われています。多すぎる天敵や天災、ひな同士の争いなどで命を落とすことが多く、多くのつがいは1羽のひなを育てます。

子育て

tanchou_hina

雌雄で交代しながら30日間ほど卵を暖めると、ひなが孵ります。生まれたてのひなは淡い茶色の産毛に覆われ、足が短く、生まれたときから立ち上がることができます。3日ほどは巣に留まり親から餌を貰います。
3日ほどで巣を離れ、両親とともに湿原のあちこちを移動しながら暮らします。雌はひなに付きっきりで、雄は主に雛や雌を守る役目を担います。

ひなも自力で餌を取ることはできますが、しばらくの間は両親がせっせと与える餌を食べて育ちます。
ひなは親に比べてずっと小さく、足も短いため、湿地の水辺を鴨のように泳ぐこともできます。しかし急速に大きくなり、100日ほどで親とほぼ同じ大きさに成長します。

越冬~巣立ち

秋ごろに飛行訓練を重ね、親と同じように飛ぶことができるようになると、越冬のために餌場などに集まります。
親子はひと冬をともに暮らしますが、翌年には親から突き放され、若鳥は一人立ちします。

本来は湿原で暮らしていたタンチョウですが、最近は餌が豊富な十勝地方の畑の近所で営巣することが増えました。
堆肥に生息する豊富なミミズや、畑に落ちている落ち穂などを食べ、飢える心配なく暮らしています。
しかし人気のある場所のため、ツル同士の争いなど別の苦労も絶えません。農作物にまで手を付けることもあり、農家を悩ませることも。
畑を利用した繁殖で、タンチョウの数はますます増加傾向にあります。

SPONSORED LINK

日本人とタンチョウ

タンチョウは東洋文化に欠かせない鳥です。古代中国では瑞兆(おめでたい時に現れる動物)とされ、様々な意匠や芸術工芸品が数多く作られています。
仙人と関係深い鳥と言われ、仙人の乗り物として登場します。タンチョウ自身も仙人の化身と考えられていました。

日本では8世紀ごろからタンチョウの意匠が使われ始め、絵や装飾、調度品、刀、着物、旗、家紋など、ありとあらゆる場面で登場します。
現在でも正月の年賀状では、干支の動物とともにタンチョウは人気のデザインです。JALでお馴染みの鶴丸マークはタンチョウをイメージしたものと言われています。
生息地で暮らすアイヌの人々は「サロルンカムイ」(湿原の神)と呼び、特別な感情を抱いていました。

しかし、タンチョウの歴史は受難の連続でした。明治になり鶴の狩猟が許可されると瞬く間に数が減りました。
明治政府は1892年にツルの狩猟が禁じられましたが、時すでに遅くタンチョウは絶滅したと考えられていました。しかし1925年、釧路湿原にわずか30羽ほどがいることが確認でき、ただちに禁漁区に指定されました。

35年には釧路湿原とともに天然記念物に指定、52年には釧路湿原のタンチョウも特別天然記念物に指定されました。
さらに67年には、タンチョウ自身が特別天然記念物になり、種の保護が全面的に取られることになります。
天然記念物は環境省がサポートに入るため、継続した保護活動ができます。現在は生息数の確認や冬の餌やり、湿原の環境保護などを行っています。
民間でも保護活動は盛んに行われ、日本野鳥の会はタンチョウの聖域(サンクチュアリ)を作り、タンチョウが暮らしやすい環境を整える活動を続けています。

初めは人を恐れて全く近づかなかったタンチョウですが、1952年に阿寒村や鶴居村に飛来したタンチョウに餌付けすることができました。
それからはタンチョウも餌をもらえることを学び、毎年冬になると餌場に飛来するようになりました。70年代は電柱などで衝突する被害が増えましたが、70年代後半から再び増加に転じます。
順調に数を増やし、現在は1300羽まで数が回復しました。環境省は2016年、将来的に冬季の餌付けを終了することを発表しました。

現在、タンチョウはとても数が増え、十勝地方には農作業している人よりタンチョウの数のほうが多い、などという光景も見られるようになりました。
一方で農作物を漁る被害も増えはじめ、害鳥としての面が出始めています。
過密化して繁殖地の不足なども起こり、湿原以外の場所で繁殖するタンチョウも増えています。
そして、現在これだけ数が増えたのは、人間に冬の食料などを依存しているためです。ある日突然餌付けを止めると、一気に数が減ってしまうおそれもあります。
冬の餌場は世界的な観光資源でもあり、いかに適正な接し方をするかは、これからの課題です。

雑食性で湿原などに大量にいるドジョウ、魚、昆虫、植物の種など、なんでも食べます。
畑に暮らすタンチョウはミミズやタニシ、昆虫、落ち穂などを主なエサにしています。
冬のエサ場では人間が与えるデントコーンなどを食べて飢えをしのぎます。かつては、直接人間の手からエサを貰う光景も見られました。

本来、タンチョウが暮らす湿原は冬でも流れが止まらず、凍らない川がたくさんありました。凍らない川ならエサを採取することができます。
しかし周囲の環境変化で大地の保水力が減り、凍ってしまう川が増えています。
冬季のタンチョウの餌付けを行わなければ、多くのタンチョウが飢死してしまうと考えられています。
鶴居村にあるバードサンクチュアリでは周辺環境を整え、冬でもエサが取れる場所が増えています。ゆくゆくは餌付けを卒業し、自然環境で一年中暮らせる環境を整えるのを目標にしています。

タンチョウ観察スポット

tanchou_asobi

タンチョウは夏は湿原や畑、冬はエサ場に集まります。
エサ場には数百羽ほど集まることも多く、毎朝多くの写真家が大挙して訪れます。身近に野生のタンチョウを観察したいときは、冬が最適です。
阿寒村、鶴居村、釧路市などのエサ場や畑を探すと、比較的よく見かけます。

しかし、野生にこだわらなければ一年中観ることができます。
釧路市丹頂鶴自然公園では、飼育したタンチョウを一年中身近に観察することができます。繁殖期には、ひなを連れた親子連れのタンチョウを観る機会も。
阿寒国際ツルセンターにも同様の施設があります。

夏に野生のタンチョウが観たいときは、ガイドに依頼して湿原や畑を巡るのが最も効率的。
以前は湿原の奥深い場所まで行かないと観察できなかったタンチョウですが、最近は数が増えて畑で見かける機会も増えました。しかし確実に観察したいなら、ガイドにお願いするのが一番です。

野生のタンチョウにはみだりに近づかず、向こうから近づいてもエサなどを与えないようにしましょう。
とても可愛く美しい鳥ですが、野生動物であることを忘れず、距離を保って接しましょう。

保護した時は

タンチョウが車や電柱などに接触して怪我をする事故が報告されています。
もし怪我をしたタンチョウを見かけたらすぐに保護し、警察に連絡して指示を仰ぎましょう。
捕獲するときに反撃されるおそれがあります。鳥の扱いに慣れていない時は見守るだけで良いので、警察が来るまで待機しましょう。
何よりも自身が加害者にならないためにも、安全運転を心がけましょう。

SPONSORED LINK

-野鳥

合わせて読みたい記事