動物JP

日本に生息する動物を中心にお馴染みのペットなどを紹介

恐竜

スピノサウルスも最強?VSティラノサウルス、どっちが強い?

2016/10/01

spinosaurus

  • 食性:肉食
  • 体長:約14m
  • 出現時期白亜紀後期
  • 発見場所:エジプト、ニジェール
  • 分類:獣脚類(けもの竜) スピノサウルス類 スピノサウルス科
SPONSORED LINK

spinosaurus_bone

スピノサウルスとは、「トゲのあるトカゲ」という意味で、見つかった化石の背骨から、無数に突き出た長いトゲからその名がつきました。

しかし実際は、それらのトゲは背骨に沿って真っ直ぐ並んでいて、それらを薄い皮膚が繋いでおり、まるでうちわのようになった”帆”を持つ恐竜であることが分かりました。

この帆はラジエーター(体温調節)として機能しており、温度変化への対応に優れていたと、考えられていますが、これに異を唱える説も最近では多くなっています。

その理由として、体温調節が可能なほど血管や脂肪がなかったことなどが挙げられますが、結論は出ていません。

ティラノサウルスより強い?最強説も

そんなスピノサウルスですが、有名になったきっかけは、映画の影響が大きいでしょう。
かのティラノサウルスと並び、大型の肉食恐竜として取り上げられたことで、多くの人の印象に残ったようです。

実際に体の大きさではティラノサウルスをも凌ぐと言われており、最も大きな獣脚類と紹介されることがほとんどです。

ただスピノサウルスを語る上で最も重要なことが、水棲、つまり水の中で生活していたかどうかということ。

これには賛否両論ありましたが、発見された化石から推測すると、主食が魚だったことが判明し、今では通説になっています。

水棲といっても、魚竜や首長竜のように完全に水中だった訳ではなく、現代のワニのように、水面を泳ぎながら魚や水辺にいた他の生き物を餌にしていました。ただし、スピノサウルスの化石の中には、他の恐竜と争った形跡も見られるので、陸上生活をしていた他の恐竜たちも、その中に含まれてたと考えられています。

基本的に主食はそれぞれ異なっていたため、競合はしなかったかもしれませんが、おなじ肉食恐竜同士、出会ってしまえば戦わざるを得なかったのでしょう。

もしそのような状況になったとして、スピノサウルスはどのように戦っていたのか?本当に映画のような強い恐竜だったのでしょうか?それを次の項で考察してみましょう。

SPONSORED LINK

実際の強さは?

水中でのスピノサウルスは、鼻先にある感覚機関で水の変化を感知し、獲物の動きを把握していました。

顔は細長く、円錐形の歯が生えており、魚を食べることに適した構造でした。

また発達した前脚を巧みに操り、口では捕らえきれなかった獲物を捕まえたと考えられています。

後ろ足は大きいが短く、泳ぐことに特化したようになっていました。

一方陸上での活動はどのようなものだったのか。同じ獣脚類の仲間には、強靭な後ろ足を使い、瞬発力に特化したもの。軽量化を図り、素早いフットワークで獲物を襲うなど様々な進化を遂げていました。

そんな中、陸上での生活が主ではないスピノサウルスは、そこまで機敏ではなく、その大きな体は不利に働いていた可能性すらあります。

またその重たい上半身を支えるため、陸上では4足歩行だったと唱える研究者もいます。

そうなると、戦う上でのスピノサウルスができることは噛みつく程度、しかも体も華奢であまり早く動けないとなると格好の餌食になってしまいます。

実は陸上の肉食恐竜も餌の一つと考えられているのはあくまで死肉の話。たまたま水辺の近くで息絶えた恐竜の死体が、彼らの餌になっただけで、積極的に狩りにいった訳ではなさそうです。

どうやらスピノサウルスを買いかぶり過ぎていた感が出てきました。ただあくまでこれらは”可能性”の話。なぜならスピノサウルスの化石の多くは、第二次世界大戦で失われてしまい、全身の復元はまだ完了していません。

この先新しい化石が発見され、全く違うスピノサウルスの生態が明らかになり、世界中の人々が驚くかもしれません。

その時にまた改めて、大型の肉食恐竜との対決を想像してみたいと思います。そしてもしそれが映画化したあかつきには、ぜひ完成披露試写会に呼んで欲しいものです。

SPONSORED LINK

-恐竜