動物JP

日本に生息する動物を中心にお馴染みのペットなどを紹介

野鳥

人懐っこい!シジュウカラの生態♪鳴き声や子育て、餌について

2016/09/29

shijukara

樹木の多い公園やお屋敷の付近で、ツー、ピー、ツー、ピーと元気な声が聞こえることがあります。

声の主はシジュウカラ。最近は言語を話す鳥として話題にもなりました。

里山でも身近な鳥のひとつです。

SPONSORED LINK

シジュウカラの生態と特徴

生息地

shijukara2

日本各地に生息します。

海外では韓国などの東アジア、ロシア極東地区に分布しています。日本ではおなじみの鳥ですが、世界的に見ると珍しい鳥です。

亜種には奄美群島のアマミシジュウカラ、沖縄本島や座間などに分布するオキナワシジュウカラ、八重山列島のイシガキシジュウカラがいます。

人間に近い場所で暮らし、民家の隙間や石垣の隙間などに営巣します。伏せた植木鉢や、大きめの空き缶に営巣することも珍しくありません。たまにキツツキが掘った木の穴を乗っ取ることも。

人間が掛けた巣箱にも、好んで営巣します。

 

市街地の公園、庭、山地、湿原など、様々な場所で暮らしています。

基本的には留鳥(りゅうちょう)ですが、食べるものがないときは渡りをすることもあります。

繁殖期が終わった秋から冬には十数羽ほどが群れになることもあります。

ここに他のカラ類やメジロ、コゲラなどが混ざることも。

スズメほど目に付くことはありませんが、人間のそばで暮らしています

体の特徴

shijukara_tie

スズメ目シジュウカラ科の鳥です。

大きさはスズメほどで、くちばしの先からしっぽの先まで14.5cm、翼を広げると22cmくらいです。

シジュウカラの特徴は、白いお腹にくっきり浮かぶ黒い線です。ネクタイを締めているように見え、ほかのカラ類と見分けるのに役立ちます

ネクタイは雄のほうが雌より太いため、おおよその雌雄の判別もできます。(個体差が激しいので、目安程度です)

頭は黒く、頬は真っ白です。背中と羽は青みのある灰色と黒、白のコントラストが目立ちます。

巣作り~子育て~巣立ち

4~7月に、雌が巣を作ります。巣にコケを敷き詰め、ふわふわの毛を間に詰めて、おわん型の巣を作ります。

7~10個の卵を産み、雌が卵を抱きます。12日ほど暖めると孵化し、16~19日ほどで巣立ちます。

巣箱に備え付けたカメラで成長記録を付けた動画がたくさんあるので、ぜひ見てみましょう。

SPONSORED LINK

雑食で虫、果実、種子などを好んで食べます。木の上や地面で食事を探し回ります。

丸飲みできない大きなエサを見つけたら、両足で挟んでカツカツつついて中身を取り出します。

ひまわりの種が大好物で、庭に置いておくと喜んで食べに来ます

シジュウカラはその場で食べず、安全地帯に持って行ってからゆっくり食べます。

野鳥の中では特に人に慣れやすく、慣らすと手から直接エサを持っていくことも

てのひらにエサを置くと、握りしめられると警戒されてしまいます。指先に置いて誘うのがコツです。

カラの種はその場でポイ捨てされるので、中身の詰まった形の良い種を与えましょう。

天敵

ヒナのころは、アオダイショウなどのヘビが天敵です。巣を狙われることが多く、ヘビに襲われて営巣が失敗することも珍しくありません。
成鳥はツミなどの猛禽類、カラス、ヘビなどが天敵です。地上でエサを探すときは猫も天敵になります。

保護した時は

ヒナを保護した場合、丸裸のヒナなら巣から落ちた可能性があります。巣を見つけて中に入れてあげましょう。
羽が生えそろったヒナなら、木の枝に止まらせて、すぐにその場を離れます。

ガラスに頭を打って気絶している場合は、意識が戻るまでは部屋に入れて箱などに入れておきます。保温するとさらに良いでしょう。
意識が戻れば音を立てるので、すぐに放してあげましょう。数時間経っても調子が良くならない場合は、県の環境保護課や日本野鳥の会が紹介する施設、動物病院などの指示に従います。

大変人慣れする鳥ですが、もちろん飼育はできません。(許可があれば「野生に返すまでの保護」は可能です)

鳴き声・エピソード

総合研究大学院大学の研究で、シジュウカラには単語と単語を繋げて文章を作る知能があることが判明しました。

シジュウカラは警戒音「ピーツピ」と、仲間や夫婦で呼び合う「ヂヂヂヂ」という声を使い分けます
警戒音+呼び合いの声で、周囲を警戒しながら近づきます。しかし呼び合い+警戒音の組み合わせには反応を示しません。

シジュウカラが、呼び合う声の後に警戒音というのは、言語として成り立っていないと判断しているのではないかと推測されています。
サルなども意味のある鳴き声を上げることがありますが、順序の関連性はないとされています。
単語だけでなく、文章で意志疎通を図る動物はヒトだけと考えられていました。シジュウカラも同じ能力があることが分かり、言語の成り立ちの解明に繋がるのではないかと期待されています。

SPONSORED LINK

-野鳥

合わせて読みたい記事