動物JP

日本に生息する動物を中心にお馴染みのペットなどを紹介

哺乳類

パグの特徴と飼い方。落ち着きがあり時に大胆な性格

2017/01/05

 

pug4

パグのこと

歴史

ユーモラスな顔つきといびきや鼻息といった茶目っ気のある姿が特徴のパグは、マスティフ犬の特徴を色濃く残す中国産の犬で、2000年以上も昔から人に飼育されてきた犬種です。

また、古来はチベットで仏教僧たちに可愛がられていたとも伝えられています。とはいえ、「パグ」という名前は西洋風な印象を受けますね。

実はこの犬、16世紀にヨーロッパに紹介され、愛玩犬として王侯貴族に広く受け入れられたという歴史をもっています。とくに、イギリスのヴィクトリア朝時代に人気が頂点に達したと言われています。

SPONSORED LINK

体の特徴

pug2

パグはマスティフ犬の血を継ぐだけあり、大きな頭部と口、眼、さらに筋肉質でがっしりとした体つきをしています。

毛は短く小型であり、体毛の手入れはあまり手間ではありません。

この犬の特徴的な顔つきは、大きな眼としわくちゃの鼻のなせるわざです。ほかの犬には見られないほど特徴豊かな顔立ちをしているため、パグ飼育歴の長い人に言わせると「表情を見れば言いたいこと、機嫌がすぐにわかる」といわれるほどです。

毛の色はベージュが一般的ですが、アプリコット色、銀色、黒色などの個体もいます。

性格

pug3

パグは愛玩犬としてヨーロッパに紹介されただけあり、落ち着いて飼育しやすいとされています。同時に運動が大好きでエネルギッシュ、大胆な性格でもあります。

素直で聞き分けの良い子が多いため、比較的しつけは簡単です。

ユーモアたっぷりでありますが、多少頑固者で、ときには我儘な振る舞いをすることもあります。とくに、子犬の頃から甘やかしすぎると、成長した際にテコでも動かない、とてつもない頑固かつ我を通そうとする性格となっています。

あまり賢くはありませんが、素直なので根気よくしつけをすることが大切です。

飼いやすさ、飼い方

パグは比較的丈夫な犬種のため、適度な散歩、食事を心がけていれば健康にすごしてくれる子が多いです。

毛は短くやわらかなため、脱毛が気になることも少ないでしょう。暑さ、寒さには弱いため、基本的には屋内で飼育することになります。

注意点

パグは比較的丈夫な犬ですが、シワのある鼻先は食べかすがたまりやすいため、食事の後に拭き取ってあげるようにし、清潔に保ちましょう。

また、たれ耳の種類なので、定期的に耳掃除をしてあげるようにします。

いびきをかくことで有名な種類ですが肥満になりやすいため、食事は常に量を見極めて与えるようにしましょう。

小型犬ではありますがエネルギッシュな種類なので、1日20~30分ほど散歩、運動の機会を設けるように心がけると良いでしょう。

関連記事

  1. 食性から考える、犬の理想的なドッグフードの選び方とは?
  2. 無添加のススメ!ドッグフードに含まれる添加物が犬に及ぼす危険性
  3. 安価なドッグフードに潜む危険な肉の実態。肉骨粉など原材料の問題
  4. 安価なドッグフードに使われる脱脂大豆(大豆ミール)の危険性
  5. 犬にとって、危険な食べ物とは?避けたい食品

SPONSORED LINK

-, 哺乳類

合わせて読みたい記事