動物JP

日本に生息する動物を中心にお馴染みのペットなどを紹介

クワガタ

オオクワガタの生態♪生息地や寿命、幼虫・生体の採集方法

2016/09/29

ookuwagata

オオクワガタと言えば、クワガタ愛好家の中でも特に人気のある日本最大のクワガタで、サイズによってはかなりの市場価格となる、またの名を「黒いダイヤ」!!

こんな文章を目にすることが多いと思います。

SPONSORED LINK

オオクワガタの生態と特徴

大きさについて

ookuwagata2

さてここで問題です。上の文章の中は、一点だけ嘘の情報があります。それは何でしょう?答えは…日本最大のクワガタということ。「オオ」って付いていても最大種ではないこともあるので、うんちくを述べる時は気をつけましょう。

しかしながら、クワガタの種類の中では大きいサイズであるのは事実。5cmを超えると大型とされる日本のクワガタの中で、平均的なオオクワガタのサイズは5cmです。

つまり基本大型。さらに言えば、これは自然環境下での話で、飼育環境下ではオオクワガタが最大サイズの記録を持っています。大きくなる素質はトップなのかもしれません。

生息地

そんなオオクワガタ、身体が大きくても実はおだやかな性格です。むしろ臆病な方で、木の幹にできた穴の隙間に潜んでいます。

 

個体ごとに縄張りをもっているので、見つけるのは一苦労。そんな臆病なジャイアンが、一時期危機に陥ります。それが、1990年代に起こったオオクワブーム。

8cmを超えるサイズには100万以上の値がつくと言われ、一攫千金を狙って国民が大規模なオオクワ狩りを始めました。

その結果個体数、住処も激減し、今では絶滅危惧種に指定されています。現状は、保護に取り組む人が多くなったとは言え、大型の個体は未だに取引されています。きちんと責任をもって飼ってくれる人の手に渡っていることを願います。

寿命

オオクワガタやコクワガタの種類は寿命が長く、2~3年ぐらい生きます。ただクワガタの世界では、寿命というのは幼虫の間を含めるかどうかで大きく変わります。

2~3年というのは羽化して、地表に姿を表している期間であり、幼虫で3年程度過ごすオオクワガタの場合、トータルは5年以上になります。

ただ昆虫が成熟する=生殖可能になるという意味で考えると、寿命とは成体となり子孫を残す準備ができてから亡くなるまで、と考える方が分かりやすいのではと思います。

セミも幼虫の間に何年も生きていますが1週間程度の寿命と言われるので。その点ノコギリクワガタミヤマクワガタなど、冬眠できない種類は、地表にでてから数ヶ月ほどで寿命を迎えます。幼虫で過ごす期間を含めなければ半年も生きられません。

オオクワガタが長命なのは、冬眠もでき、幼虫の時にしっかり大きくなる準備をしているからなんです。

メスの見分け方

ところでクワガタのメスってどうやって種類を見分けるのだろう?そう疑問に思った人は少なくないと思います(そうであってほしい!)。

実際気になっていましたが、その違いを知ったのは大人になってからです。オオクワガタのメスには前羽(背中)に点刻と呼ばれる筋があります。

なぜ点刻と言うのか。それは顕微鏡で拡大してみると、筋ではなく小さな窪みが縦一列に並んでいるためです。

これを持つクワガタは何種類か存在しますが、身体の大きさが全く違うのですぐに判別できます。ちなみに同じサイズのヒラタクワガタにはこの点刻が見られません。

今では図鑑を見れば分かることですが、初めてクワガタのメスを判別しようとした人は、分かりやすい目印があることにとても喜んだことでしょう。

SPONSORED LINK

採集方法

クヌギやコナラなどがある雑木林を探す。

昼間にめぼしい木をピックアップしておき、夕方から夜にかけて採集に行く。

基本的にライトはあてない、光に反応してすぐに隠れてします。穴に隠れてしまった場合はピンセットやひっかき棒でほじくる。

専用の道具がないと難易度高し。バナナトラップでも捕まることは稀。何より絶滅危惧種なので不必要な乱獲はNG。

また幼虫がいそうな朽ち木をバッサリカットして持ち帰る方法もあるが、山とは誰かの所有物なので、許可を取らないとこれもNG。

飼育方法

ケースに水分を充分に染み込ませたオガクズ(マット)を敷いて、枯れ葉や、枯れ木を数本立体的に積み上げておく(隠れ家&起き上がり用)。

エサは昆虫ゼリーや果物。基本1ケースに1匹ずつ。卵を産ませる場合、採ってきた雌ならすでに交尾が済んでいる確率が高く、勝手に卵を産んでくれることが多い。

購入したものを交配するなら、オスとメスを同居させてみる。相性が合わないこともあるので、その場合は他の組み合わせで試してみる。

また大きい個体に成長させたい場合、幼虫を菌糸ビン(キノコ菌たっぷりで栄養豊富)で育てる方法が現在の主流。

栄養豊富な環境で幼虫を育てる方法だが、種類により合わない場合や、細菌が増えたりすることもあるので気をつける。

データ

和名:オオクワガタ

学名:Dorcus hopei binodulosus

分類:コウチュウ目 クワガタ科

分布:北海道、本州、四国、九州

発生時期:6~9月

SPONSORED LINK

-, クワガタ

合わせて読みたい記事