動物JP

日本に生息する動物を中心にお馴染みのペットなどを紹介

野鳥

ミサゴの生態と生息地について。

鮮やかな茶色の背中、純白のお腹に白いタイツを履いたような長い足を持つミサゴはゲームのキャラクターのようなインパクトがあり、格好良さと優美さを兼ね持つ猛禽類です。
魚が豊富な水辺に生息し、ほとんど魚を取って生活しています。猛禽類で魚を主食にしている代表的な鳥です。

SPONSORED LINK

ミサゴの生態

生息域

海岸、貯水池や湖、広い河川、河口など、見晴らしが良く魚が多い水辺なら場所を選ばず生息しています。
しかし年々数は減少していると言われ、日本では準絶滅危惧種に指定されています。開発などで海岸が埋め立てられるとミサゴは住むことが難しくなります。近年では入水事故を防ぐためにミサゴの生息地に欠かせないため池も潰される傾向があります。

世界でもっとも広く分布する鷹で、極地を除いてほぼ全世界に分布しています。しかし世界的にも数は決して多くなく、アメリカなどでも絶滅危惧種に指定されています。
涼しい北の地域で子育てをし、冬に南に渡る個体が多く見られます。

日本では留鳥ですが国内で渡りをすることが多く、夏は北海道、冬は西日本から南西諸島で暮らすものが多いようです。渡りをする際は内陸部を通ることもあり、海のない長野県で発見されることもあります。
兵庫の阪神工業地帯など、工場が建ち並ぶ海岸でも生息していることがあります。根気よく探すと意外な場所で見つかるかもしれません。

特徴

タカ目ミサゴ科の猛禽類です。大きさはトビとほぼ同じで、くちばしの先からしっぽの先まで54~64cm、翼を広げると150~180cmほど。
トビと見分けるには尾を見ると一目瞭然です。ミサゴは扇を広げたような姿ですが、トビは台形に見えます。

茶色と白のコントラストが美しい鷹で、翼と背中は茶色、頭とお腹、足が真っ白です。目には黒い過眼線があり、後頭部には短い冠羽があります。
魚捕りに進化した体で第一趾(親指にあたる指)が反対に曲がり、足の外側にトゲがあります。爪は鋭く長いので鱗で覆われたヌルヌルの魚に食い込み、確実に捕らえます。
しかし、一度捕まえると爪を外すことは難しく、捕らえた魚が大きすぎて持ち上げらない時は水中に引き込まれて溺死することもあると言われています。
鼻は塞ぐことができ、水に浸かっても問題ありません。翼は脂が多く、水をはじく力が強いのも特徴です。
ミサゴはもろに波を被っても、動じることなく飛び上がります。水に負けない機動力には目を見張るものがあります。

繁殖について

ミサゴは5月ごろに繁殖期を迎えます。
他のワシタカ類と同様に、ミサゴもオスが狩りをし、メスが巣を守ります。ミサゴの場合はオスもたまに卵を暖めることもあります。
2週間くらいで平均2羽のひなが生まれ、1ヶ月ほどかけて成長します。初めはオスだけがエサを集めますがヒナがどんどん大きくなるので後半になるとメスもエサ探しに没頭します。
巣は断崖絶壁の人が立ち寄らない場所に営巣します。湖や池で繁殖する個体は大きな木の上に営巣することもあります。

1ヶ月ほどで巣立ちを迎えます。巣をかける場所が少ないためか毎年、ほぼ同じ場所で営巣します。去年の巣の上に巣を作り直すので、やぐらを組んだように見える巣もあります。

エサと捕獲方法

ミサゴはほぼ魚だけを狩りをするため、猛禽類の中では特殊な生態をしています。
ミサゴは空中でホバリング(空中停止)し、高度から一気に獲物目がけて襲いかかります。
獲物は足指で捕まえるため足をめいっぱい伸ばして着水し、捕らえたら急上昇します。ミサゴの足が長いのは、より魚を捕りやすくなるように進化したものと考えられます。

エサは魚全般で、小魚から30cmくらいの大物まで、水面近くを泳ぐ魚ならなんでも捕らえます。
条件が良ければ底魚も狙います。遠浅の環境を利用し、海の砂に潜っているヒラメやカレイを捕まえます。
コイやボラのような大型魚を捕まえると、サーフィンをするように頭を前に向けて運びます。これは空気抵抗を最小限にするためと、しっかり両足で持つことで他の鳥たちに横取りされないためと言われています。しかし個体差や条件で運び方も変わるらしく、大きな魚でも足指にひっかけただけで飛ぶこともあります。
大きな魚を捕まえて空を飛ぶミサゴの写真はよく見かけますが、小さな魚を捕獲することも多く、両足に何匹も捕まえることがあります。

獲物を捕らえるとお気に入りの場所に運んでからゆっくり食べます。しかし途中でトビやカラス、カモメに横取りされることも珍しくありません。
捕獲率は70%と言われ、猛禽類の中では優秀な部類です。

基本的に魚しか捕らないと言われていますが、まれにカモメなどの鳥を襲うこともあります。よくカモメやカラスなどに獲物を横取りされるので、捕食というよりは牽制のためかもしれません。

SPONSORED LINK

名前の由来

ミサゴの名前の由来は水に飛び込んだ音(ビシャン)が訛ってビシャゴ、ミサゴに変化したと言われています。
関西では今でもビシャゴと呼ぶ地方があります。

寿司の源流は川魚のフナに生米を詰めて発酵させた「ふなずし」ですが、「ミサゴ鮨」をもとに作られたと言われています。
昔の人はミサゴは魚を貯蓄していたと考えていました。貯蓄していた魚の一部は腐敗(発酵)し、大変美味しくなったと言われています。
しかし、ミサゴは貯蓄する習慣はありません。推測ですが、カラスが魚を貯蓄していたものを偶然人間が見つけ、食べたら美味しかったのが真相ではないかと思います。
しかし高級食材にカラス鮨という名前では見栄えがしないので、外見が美しいミサゴの名を付けたかもしれません。

ミサゴは英語ではオスプレイと呼ばれ、アメリカ軍の輸送機V22の愛称として日本でも有名になりました。
V22はティルトローター機という特殊な機体で、エンジンの角度を変えてヘリコプターのように浮き上がり、飛行機のように長距離を飛行できる複雑な構造です。ヘリコプターよりも多くの荷物を長い距離運べるため戦略的にも有利になると言われています。

構造が複雑なため開発に30年以上かかり事故も度々起こっています。現在は大統領専用機の護衛などにも使われるほど安定したと言われていますが、その反対の意見もある中日本への販売も決定しました。
V22の自在な飛行はミサゴの変化自在な飛行によく似ています。大きな魚(荷物)を運べる点も共通しています。ただしV22は構造上ミサゴのような着水はできません。

保護した時は

巣立ったばかりのミサゴの幼鳥は飢え死にやすく、たびたび倒れているところを保護されています。
相手は猛禽類なので爪やくちばしはとても鋭く、とても素人が保護できるものではありません。猛禽の扱いに慣れていない場合は警察を呼んだほうが無難でしょう。

ミサゴは野鳥なので飼育はできません。黙って飼っていると鳥獣保護法違反で逮捕されるので「保護」に止めましょう。

注意点

ミサゴは生息数が減っている絶滅危惧種です。減っている理由は生息しやすい環境が減っているからと推測されますが、人間の行動が邪魔していることもあります。
ミサゴの足に釣り針と糸がひっかかり、取り除くのに難儀している姿が見られることもあります。釣り人が滅多に人の来ない場所に足を踏み入れ、ミサゴが警戒して営巣できなくなることも少なくないと言われています。
特に釣り人のモラルが問われます。釣りをする際には決して釣り針や糸を放置しない、ミサゴの巣がありそうな場所には絶対に近寄らない(近寄ると、ピピピピという警戒声を出します)ことが大切です。

猛禽類は大変神経質な生き物で、人間の存在が大きなストレスになります。猛禽類とは広く距離を取り、必ず遠目から観察しましょう。

SPONSORED LINK

-野鳥

合わせて読みたい記事