動物JP

日本に生息する動物を中心にお馴染みのペットなどを紹介

哺乳類

子犬のしつけが重要、ミニチュアピンシャーの性格と飼い方

2017/01/05

miniature-pinscher

ピンと立った耳としっぽ、すっきりとした筋肉質な体型と、ドーベルマンを思わせる風格を持つミニチュアピンシャー。そのため、ミニチュアピンシャーをドーベルマンの小型改良版と思っている人も多いのではないでしょうか。

SPONSORED LINK

実際は、ミニチュアピンシャーはドーベルマンよりも古い歴史を持ち、17~18世紀に小型害獣の駆除を目的として作出されました。一説には、ジャーマンピンシャーやダックスフンド、グレイハウンドの血を引くとされています。

19世紀に入ると改良は小型化へと舵をとり、ミニチュア・シュナウザーやトイ・マンチェスター・テリアとの交配が進みました。この時期にはすでに愛玩犬としてのニーズを満たすほど小型化が進み、以降はしばしば愛玩犬に分類されるようになりました。

ドイツではその姿を子鹿に見立て、レイ・ピンシャー(レイはドイツ語で鹿の意味)、日本ではミニピンとも呼ばれています。

体の特徴

miniature-pinscher2

体高25~32cm、体重は4~6㎏ほどで小型犬に分類されています。立ち耳、立ち尾が一般的なイメージですがこれは断耳・断尾のためであり、近年は動物愛護の観点から禁止される傾向にあります。手足は細く、筋肉質で無駄のない体つきをしており、前足をあげて闊歩するさまは優美で威厳があります。

体色はブラックをベースにブラウンが入るブラック&タン、濃淡のブラウンであるチョコレート&タンのバイカラーの他、レッド(赤みを帯びた茶色)、ダークブラウンのような単色のものもあり、体毛は艶のある短毛です。

性格

miniature-pinscher3

ミニチュアピンシャーは使役犬としての性格を残したまま小型化されたため、依然として気の強い側面を持ち合わせています。愛玩犬でありながら時に番犬にも分類されるほど警戒心が強く、見知らぬ人には恐れを知らず果敢に挑みかかります。

小型犬でありながらアメリカで一時車の盗難防止、麻薬密売者の護衛犬とされていたことからも、負けん気の強さがうかがえます。自分よりも大きな相手に対して臆することなく立ち向い、自尊心と独立心が強く、非常にエネルギッシュです。小型害獣を駆逐してきた歴史を持つため、家庭でのネズミ駆除能力は群を抜いていることで有名です。

飼いやすさ、飼い方

愛玩犬ではあるものの運動能力が非常に高く、毎日30~40分の散歩運動は必須の犬種です。

身軽でジャンプも得意ですので、公園でのフリスビー遊びなどを好みます。

基本的に頑固で警戒心が強いため、甘やかしは厳禁であり、節度ある態度で接することが大切です。特に、子犬の時期から甘やかせてそだつと生来の警戒心の強さに我儘さがプラスされ、見知らぬ人や子どもに対して攻撃性をあらわにし、咬傷事故につながる可能性もあります。

多少気難しい面をもった犬種のため、初心者よりは中~上級者の飼育に向くと言えるでしょう。

注意点

ブラッシング

ミニチュアピンシャーは短毛種のため、体毛の手入れはあまりわずらわしくなく、週に1~2回程度のブラッシングをすれば十分です。

寒さ対策を

皮下脂肪が少なく、体毛も少ないため、寒さは苦手です。冬季の散歩の際には服を着せてあげる、といった配慮が必要になることがあります。

ケガに注意

ほっそりとした手足と高いジャンプ力のアンバランスさが原因で、運動によっては間接や骨に負担をかけてしまい、結果として捻挫や骨折となることがあります。高いところからジャンプする、飛び降りる、といった場合には十分な注意が必要です。この対策としては、普段から肥満の防止を徹底することはもちろん、筋肉をつけて骨にダメージを伝えない、といったことも大切です。

なりやすい病気

ミニチュアピンシャーは特に、耳介辺縁皮膚症という耳のふちが血行不良になり、最悪の場合は壊死し脱落してしまう病気、1~2歳の間におきやすいとされる大腿骨骨頭壊死(レッグ・ぺルテス)の2つにかかりやすいとされています。

関連記事

  1. 食性から考える、犬の理想的なドッグフードの選び方とは?
  2. 無添加のススメ!ドッグフードに含まれる添加物が犬に及ぼす危険性
  3. 安価なドッグフードに潜む危険な肉の実態。肉骨粉など原材料の問題
  4. 安価なドッグフードに使われる脱脂大豆(大豆ミール)の危険性
  5. 犬にとって、危険な食べ物とは?避けたい食品

SPONSORED LINK

-, 哺乳類

合わせて読みたい記事