動物JP

日本に生息する動物を中心にお馴染みのペットなどを紹介

恐竜

ジュラ紀は恐竜の支配の始まり?!

2016/10/04

●時期
約1億9960万年前~1億4550万年前

●大陸の状態
今まで一つの大陸だったものが、次第に南北に分かれ、北のローラシア大陸、南のゴンドワナ大陸という2つの大きな陸地ができた。それぞれの生き物はそれぞれの大陸で暮らすことになった。

●環境
降水量が増え、気温も湿度も上昇

●陸地の生き物
恐竜以外→小型の哺乳類、始祖鳥、ディモルフォドン、
恐竜→アロサウルス、ステゴサウルス、ディプロドクス

●海の生き物
アンモナイト類、リオプレウロドン、リードシクティス、エクスカリボサウルス

●植物
裸子植物(ソテツなど)

ジュラ紀と聞けば思い浮かべるあの映画…。
ジュラシック(jurassic)=恐竜のイメージを持っている方が多いですが、ジュラは地名ですので直接的には関係ありません。

スイスとイタリアの国境にあるジュラ山脈、この石灰岩が堆積した層がこの年代を表すのに適していたため、ジュラの時代。つまりジュラシックとなりました。

ジュラ紀の地層からは、様々な特徴を持つ、多くの化石が見つかっており、この時代の恐竜の進化における多様性が示されました。
恐竜の繁栄という点だけなら、次の年代である白亜紀の方が適していますが、そのひとつ前の段階であるジュラ紀も、恐竜の歴史においてかなり重要であることに違いありません。

三畳紀後期から徐々に増えてきた恐竜たちは、ついに地球を支配する準備が完了したのです。

それでは哺乳類VS恐竜の第二ラウンドを詳しく解説していきましょう(第一ラウンドは三畳紀の記事を参照)。

SPONSORED LINK

ジュラ紀はどのような世界であったか

生物の爆発的な進化がおこった!

時代の変わり目には、必ず大きな出来事があります。地球の歴史で言えば”生物の大絶滅”、そしてその後必ず起こる”生物の爆発的進化”です。
三畳紀の始まりも、その前のペルム紀末期の大絶滅がきっかけでした。

特定の種が絶滅することで生き残った生物は、ライバルが一切いない状態になります。こうなると進化フィーバーと言わんばかりに、様々な種が現れ始める訳です。
実はこの進化のチャンスをものにしたかどうかが、その後の命運を分けることとなりました…。

三畳紀の末期に起こった大絶滅については、火山活動説や隕石衝突説など、未だ議論が続けられていますが、大型の爬虫類(恐竜も含む)や単弓類のほとんどが、この大絶滅により姿を消しました。

そんな中、小型で目立つ存在ではなかった一部の恐竜と、少しの哺乳類がこれを乗り切ることができました。そして同時に、大陸の分裂が引き起こした環境変化が、彼らの生態系に大きな影響を与えたのです。

パンゲアから2つの大陸へ別れることで

三畳紀までは、地球の陸地は、パンゲアと呼ばれる一つの超大陸しかありませんでした。内陸部には水分が少なく、大気は乾燥していたとされています。ところがジュラ紀に入ると、徐々に大陸が分かれていき2つの大陸になりました。

その結果低地に海が侵入し、湿気を帯びた空気が陸地に大量の雨を降らせました。三畳紀には無かった水分を得た大地には、多くの植物が繁茂したと考えられており、なかでも巨大な針葉樹、裸子植物など、末期には被子植物まで登場しました。

わずかに生き残った恐竜たちは、それらを捕食するためにそれぞれ独自の進化を遂げました。バラパサウルスなどの原始的な竜脚類は体を大きくし高い位置のものを、スケリドサウルスなどの装盾類は低地の植物を食べ、競合しないようにしていました。

やがてそれらがそれぞれ進化し、最大級の体長を持つディプロドクス、最も有名な剣竜類であるステゴサウルスなどが現れます。

またこの草食恐竜を捕食するため、肉食恐竜も同時に進化していきました。大きな獲物を襲うためより大きく、強固な鎧を砕くためより強くなったのです。その代表がアロサウルス。ジュラ紀最強の肉食恐竜であり最大級の獣脚類、この時代の頂点です。

その頃、哺乳類は・・・

このように環境の変化に応じて恐竜は様々な進化を行いましたが、もう一種の生き残り、哺乳類はどうでしょう?

残念ながら恐竜の繁栄により、完全にチャンスに乗り遅れ、食物連鎖の下位の存在となってしまいました。

ほそぼそと暮らす彼らも、水中での生活に適応したり(現代のビーバー)、空を飛ぶもの(現代のモモンガ)も登場したそうですが、結局は肉食恐竜の前では餌でしかありません。

という訳で、第二ラウンドはKO寸前の2ダウンで完全に恐竜の勝ちです。ここから奇跡の大逆転があるのか、次の時代である白亜紀に期待しましょう。

白亜紀につづく

SPONSORED LINK

-恐竜