動物JP

日本に生息する動物を中心にお馴染みのペットなどを紹介

野鳥

ジョウビタキの生態★鳴き声や習性、餌♪オス・メス見分け方

2016/09/30

joubitaki_mesu

バードウォッチ愛好家の間では人気の高いジョウビタキは、冬に日本にやって来る冬鳥です。

お腹のオレンジが冬の無機質な森によく栄え、大変愛らしい鳥です。

人間への警戒心も比較的低く、数メートル先でこちらを伺っていることも。

冬は町中にも現れ、庭木の実などを食べることもあります。

SPONSORED LINK

生態

生息地

チベット~中国東北部やバイカル湖周辺で繁殖し、冬になると中国南部や日本、インドシナ半島に南下します。

日本では冬鳥で、里山や町中でも見る機会が多い鳥です。

日本でもわずかに繁殖例が確認され、北海道大雪山麓や上川町、長野県岡谷市などで発見されています。

基本的に飼育下での繁殖は難しい鳥ですが、豊橋総合動物公園では2002年にジョウビタキの繁殖に成功しました。

ジョウビタキの生態がさらに詳しく知る機会になるでしょう。

特徴

ツグミ科(またはヒタキ科)ジョウビタキ属の鳥です。

近縁種にクロジョウビタキ、シロビタイジョウビタキがいますが、日本にはごくまれに迷って飛来するだけです。

大きさ

joubitaki_o

スズメより少し小さなサイズで、くちばしの先からしっぽの先まで13.5~15.5cm、体重は13~20gと小柄な姿です。

オス・メスの見分け方

joubitaki_osu

雌雄で羽の色が全く異なり、雄は頭が銀髪のように白っぽい灰色で、目の周辺は真っ黒です。雌は頭が淡褐色で、白いアイリングがあります。

雄は豪華で美しい姿をしていますが、雌も小鳥らしい素朴な愛らしさがあり、それぞれ魅力があります。

雌雄とも胸やお腹、尻尾はオレンジ色で、大変よく映えます。

翼の一部が白く、翼を閉じると肩口のあたりに白い斑点が目立ちます。

性格・習性

愛らしい外見ですが気が強く、縄張り意識がとても強い鳥です。

繁殖期でない時期は単独行動を取り、一羽づつ厳重に縄張りを仕切る習性があります。

縄張り内に同族がいたら、オスメス関係なく突っかかっていきます。

ときどき、車のサイドミラーに写る自分自身の姿を敵と勘違いして、えんえんと攻撃していることも。

滑稽に見えるかもしれませんが、鏡に映る姿が自分だと認識するのは大変難しく、類人猿と人類しか認知できないと言われています。

もし鏡に喧嘩を売ってる姿を見かけたら、声を出すなり追い立てるなりして追い払いましょう。

鳴き声

平地、里山、市街地の公園や庭、低い山の森林などに生息します。

鳴き声は鋭く、「ピッ!」「キッ!」など。遠くまで響く声なので、声だけ聞いたことがある方は少なくないと思います。

早朝には「キッ、キッ、」「カッ、カッ」と鳴くこともあります。

この声が火打ち石を打つ音に似ているため、「火炊き=ヒタキ」の名の語源になったと言われています。

繁殖期には日本にいないため、基本的にさえずりは聞くことはできません。

ちなみに、ジョウビタキのジョウ(尉)は銀髪の古語です。雄の頭が銀髪のような灰色なのが語源です。

SPONSORED LINK

昆虫、クモなどが好物ですが、冬は昆虫類が少ないため、庭の実なども好んで食べます

ピラサンカやヒサカキの実が好物で、よく食べに来ます。自宅に野鳥を招きたいなら、これらの庭木を育てると良いでしょう。

地上に降りて、落ち葉をかき分けて餌を探すことも珍しくありません。

注意点(保護した時は)

冬は庭などに遊びに来ることが多いため、窓ガラスに突撃して気絶することがあります。

大きな音がしたらすぐにベランダや庭を確認して、落ちている鳥がいないか確認しましょう。

脳しんとうを起こしているだけなら、小さな段ボール箱に入れてしばらく放置します。

目覚めたらガサガサ音を立てるので、元気そうならそのまま離しましょう。

もし怪我をしている場合は布で包んで、ただちに動物病院に連絡します。

鳥インフルを恐れて野鳥を診ない病院も増えているため、必ず事前に確認しましょう。

何度も窓ガラスに鳥がぶつかる場合は、鳥が窓ガラスを認識していない可能性があります。

普段からカーテンを引いておくと、ある程度は防げるようです。

エピソード

翼の白い斑点が紋付きの着物に見えることから、「紋付き鳥」と呼ばれることもあります。おじぎをするような仕草でしっぽを上下に震わせる習性があり、なにかに謝っているようにも見えます

西瀬戸内地方には、スズメと紋付き鳥の昔話が残っています。

スズメと紋付き鳥は姉妹ですが、母が重病を煩ってしまいます。

知らせを聞いたとき、スズメはくちばしにお歯黒を塗っている最中でしたが、すぐに止めて駆けつけたので、看取ることができました。(スズメの嘴が一部だけ黒いのは、塗りかけたお歯黒ということです)

それと比べて紋付き鳥は、化粧をしたり紋付きを着たりと身支度に時間をかけすぎたせいで、親の死に目に間に合いませんでした。

怒った父が紋付き鳥に勘当を言い渡します。それで今でも紋付き鳥は父に頭を下げて謝り続けているのでした。

スズメと別の鳥が兄弟姉妹で、親の死に目に遭う話は他にもあります。
スズメとツバメ(とコウモリ)の姉妹の話は特に有名で、千葉県房総半島や沖縄県で似たような話が残っています。

こちらの話もスズメは孝行者で、別の鳥は親不孝者という設定なので、紋付き鳥の話の元ネタなのかもしれません。

SPONSORED LINK

-野鳥

合わせて読みたい記事