動物JP

日本に生息する動物を中心にお馴染みのペットなどを紹介

淡水魚 魚類

渓流釣りの王様!イワナ(岩魚)の生態♪亜種や飼育法など

2016/09/29

iwana

ヤマメアマゴと言った渓流魚と同じく人気なのがイワナです。

日本の昔話でも「イワナ」に関連した話は多く、「八郎潟の八郎」のようにちらりと登場するものから、「河のヌシ」として人前に化けて出てくる、といったものまで様々です。渓流の中でもアマゴやサツキマスよりもさらに上流部に生息し、「岩魚」とも書く渓流釣りの王様です。

SPONSORED LINK

生態

iwana_mure

食性・餌

イワナは河川の最上流部に生息する肉食性のサケ科魚類で、動物プランクトン、小魚、カゲロウなどの水棲昆虫、樹上から落下してくる昆虫などを餌としています。

大食漢で、ときには河を泳いで渡るヘビなども食べるというのだから驚きです。

体長

ヤマメやアマゴは比較的小型ですがイワナはかなり大きく育ち、60から70センチ、堰止湖のような栄養状態の良い環境では80センチにせまるような個体が見られることもあります。

寿命

寿命は6年ほどで、生後2年で成熟し、複数の年にわたって産卵に参加します。

体色の変化

とくに真冬には体色が黒っぽくなり、「さびがかかる」として有名ですが、水温の上昇とともに体色は鮮明になってきます。

生息地

いわゆるイワナは本州に生息していますが、釣りの良対象となるため各地に放流されています。

日本ではイワナは4種類の亜種に分けられ、それぞれ生息する地域が異なります。

ただし移植放流の結果、各地で亜種どうしが混ざり、分布も混乱した状態となっています。

ちなみに、北海道にはオショロコマというイワナよりもさらに北方系の種が生息しています。

種類

イワナにはアメマス、ニッコウイワナ、ヤマトイワナ、ゴギの4亜種が知られています。それぞれは斑紋などが異なる特徴をもっています。

イワナはサケの仲間でも北方性が強い種類で、日本は生息地の中でも最も南にあたります。

そのため、日本では基本的には海へ降らず一生を淡水域で過ごします。

なぜ日本にイワナが生息しているかというと、氷河期の気温と水温が下がった時期に北から分布を広げたものの、氷河期の終結とともに水温が障壁となって渓流に陸封されたため、といわれています。

アメマス

アメマスは4亜種の中では最も北方に生息し、千葉県以北の太平洋岸と山形県以北の日本海岸、国外では樺太やロシアのカムチャッカ半島やオホーツク海、ベーリング海まで生息します。

エゾイワナという別名を持ち、日本では時に降海型も確認されています。

ニッコウイワナ

ニッコウイワナは日本の固有亜種であり、関東・東北の山岳部から滋賀・鳥取県に分布します。

体側の斑紋ははっきりした白色と、橙色や桃色の斑点を持ちます。

ヤマトイワナ

ヤマトイワナはニッコウイワナと同じく日本の固有亜種で、本州中部の太平洋側に分布します。

他の亜種と違い白色斑はあまり目立たず、赤い小さな斑点が体側に散らばります。

ゴギ

ゴギは4亜種のうち最も南方系で、中国地方の島根県や山口県、岡山県などの山岳地帯に生息しています。

日本のイワナの分布域では最も西であり、頭部まで白色斑点が続いているのが特徴です。環境庁のレッドリストにおいて絶滅危惧Ⅱ類に選定されており、禁漁区やサイズなどは厳しく制限されています。

SPONSORED LINK

飼育について

iwana2

味もよく、釣り味もよいためイワナは人気者ですが、悠々とした姿から水族館でも人気です。

ただし、野生化ほど大きくはならないにせよ30センチは超えること、冷水を好む魚であるため水の冷却設備が必要なこと、などから初心者アクアリストには不向きな魚と言えるでしょう。

縄張り争いをする危険があるため、基本的には1尾飼育が望ましいとされています。

また、水の汚れを嫌うため濾過槽は必須です。30センチ以下の個体ならばぎりぎり60センチ水槽でも飼育できます。

しかしのびのびと育ててやりたい、という場合やどうしても複数飼育をしてみたい、という場合は90センチから120センチクラスの水槽が必要です。

SPONSORED LINK

-淡水魚, 魚類