動物JP

日本に生息する動物を中心にお馴染みのペットなどを紹介

蛍(ホタル)の生態♪見頃・時期は?幼虫から飼育可能か

2016/09/30

hotaru

蛍はコウチュウ目・ホタル科の昆虫です。
夏の風物詩として古くから愛されており、神秘的で穏やかな光は眺めているだけで心が休まります。
しかし蛍は環境汚染の影響により、年々減少傾向にあります。
有志や活動家によってビオトープを作る等、蛍を守る動きも顕著になっています。

SPONSORED LINK

生態

生息地

hotaru3

蛍の生息地、見られる時期は次の様になっています。

  • 地域: 北海道、本州、四国、九州
  • 場所 :緩やかな清流、水田
  • 時期 :6月~8月

蛍は北は北海道から、南は九州へ全国的に生息しています。
蛍にはゲンジボタルとヘイケボタルがいますが、北海道以南に生息しているのがヘイケボタルです。

対してゲンジボタルは本州以南に生息しています。
特に見られる時期は6月~8月となっており、初夏から夏にかけて見る事が出来ます。
ほんの3ヶ月程の限られた期間しか現れませんので、大変珍しい昆虫でもあります。

近年は清流や水田の数が減少しており、さらに蛍が見られなくなっています。
姿が珍しいため、蛍を見るツアー等の観光資源化も珍しくありません。

特徴

hotaru2

  • 蛍には次の特徴があります。
  • 体色は、成虫の場合は黒色地に胴が紅色。幼虫は黒系褐色
  • 体長は、ヘイケ成虫で10mm程度。ゲンジ成虫で15mm程度
  • 体に淡い光沢がある
  • 触角が節で連なっている
  • 下腹部にクリーム色の発光器を持つ
  • メスは下腹部に桃色の帯がある
  • 胴部分の紅色地に黒色の帯が通る

蛍の特徴は黒色と紅色の体色になります。
コウチュウ目に属している事から、よく見ると薄くながらも光沢が見られます。
華やかなコウチュウ目の中では体の光沢が控え目かもしれません。

そして裏返すと下腹部がクリーム色になっています。
これは発光器と呼ばれる器官であり、ここを蛍は光らせて交尾の相手を探しているのです。
ちなみにメスは下腹部がクリーム色と桃色の二色ですから判別をしやすいでしょう。
つまり発光器はオスの方が大きく、メスはその半分になるという事です。

体長もメスはオスよりも一回り大きくなっています。

さて蛍の中で有名な種類と言えば、ゲンジボタルとヘイケボタルです。
これらは似ているため、見分けが難しいと思われがちです。
しかしある部分を比較するとどちらなのか分かります。

〇×で分かるヘイケボタルとゲンジボタルの見分け方

胴部の紅色地にある黒帯の太さが均等
→○:ヘイケボタル
→×:ゲンジボタル

蛍は胴部が紅色地になっていますが、そこでタテに走っている黒帯の太さが均等に太い場合はヘイケボタルです。
対して黒帯の太さがバラバラだったり、中央のみが太い場合はゲンジボタルです。
こうして黒帯の太さで容易に種類が判別出来ますので試してみてください。

hotaru_kawanina

※カワニナ↑

蛍は成虫と幼虫でエサが異なります。
まず成虫は羽化後、何も捕食しません。
口が退化しており、精々口にしても水くらいです。

そして幼虫ですが孵化後にはカワニナ、モノアラガイという巻き貝を捕食して成長します。
蛍の幼虫には鋭い大顎があり、消化液を分泌しながらカワニナに噛み付きます。
消化液に触れたカワニナの組織は徐々に崩れていき、吸収しやすくなるのです。

天敵

蛍の天敵は昆虫類、爬虫類魚類鳥類になります。
幼虫は水中で暮らしているので魚類に狙われやすく、陸に上がっても昆虫類の餌食になってしまいます。

SPONSORED LINK

飼い方

飼育

成虫と幼虫のどちらも飼育するには難しいです。
まず成虫は寿命まで絶食ですから、捕らえてもすぐに死んでしまいます。

そして幼虫ならば成虫になるまで飼育が出来そうと思われるでしょう。
しかしこちらも大変デリケートなので、環境が合っていないとすぐに弱ります。

また卵から孵化までは約1ヶ月程度の期間でわりと短期的です。
しかしそれからサナギになるまで約1年弱程度期間を必要とします。
その間ずっと環境を維持し続ける事になりますから、非常に困難を極めるでしょう。
そればらば自然で成長を見守った方が蛍も幸せなはずです。

捕獲方法

蛍を次の捕獲方法で捕獲してみましょう。

  • 使用する道具:網

飛んでいる蛍を網で捕獲します。
ゆっくり飛行するので、捕獲は難しくないです。
ただ成虫は1週間程度の命ですから、出来るだけそっとしておきましょう。

注意点

蛍のトレードマークと言えばお尻から放たれる仄かで幽玄な明かりです。
そんな蛍ですが、中には毒を持つ種類もいるとご存じでしょうか?
毒を持つという蛍はオオシマカクムネベニボタルという種類です。
ベニボタルはヘイケボタル、ゲンジボタルと比べると赤みがかった体色という特徴があります。
またホタルと名前に付きますが、厳密にはコウチュウ目"ベニボタル科"に属する昆虫です。

オオシマカクムネベニボタルのデータ

  • 目科:コウチュウ目・ベニボタル科
  • 地域:沖縄方面
  • 場所:森、葉っぱ周辺

体の特徴は、

  • 体色は翅が紅色、その他は黒色
  • 体長は12mm程度
  • 光らない
  • 体内に毒がある
  • 後足周辺から臭い液体を分泌する
  • 特殊な形の触角を持つ

蛍は一般的に発光器からまばゆい光を放つ昆虫です。
しかしベニボタルは光りません。
沖縄方面に生息しており、翅が鮮やかな紅色をしています。
天敵に襲われると、後足周辺から臭い液体を分泌して脱出を図ります。
そして体内に毒を持つとされており、体の警告色と合わせて天敵から防御しているのです。

それから触角もギザギザしているので非常に特徴的です。
オスの場合、メスのフェロモンを触角でキャッチするためこの様な特殊な形になっています。
この種はまだまだ完璧に生態が解明されておらず、謎が多いです。

うんちく

蛍のちょっとしたうんちくを紹介しましょう。

オスの蛍毎に光り方が異なる

蛍は種類毎に光る間隔が異なっており、同じ種の仲間探しが円滑に行われる様に工夫されています。
まずゲンジボタルにおいて、日本を長野県を基準として東日本と西日本に分けます。
この時、東日本に生息するゲンジボタルのオスは4秒間に1回のペースで発光します。
一方で、西日本に生息するゲンジボタルのオスは2秒間に1回のペースで発光するのです。

つまり西日本に生息するゲンジボタルのオスの点滅は速い事になります。
またホタル科の別種であるヒメボタルにおいてはさらに間隔が狭く、0.5秒ペースで発光します。

オスの蛍はこうした発光の間隔で種の判別、同種の位置把握が行える性質を持っているのです。
ですから蛍の観察時にストップウォッチを使うと、蛍の種類を特定出来る様になります。

光るのは成虫だけではない

日本にはゲンジボタルとヘイケボタルの二種類が生息しています。
どちらも成虫のみが光る様に思われていますが、実際はもっと前から発光しているのです。
両種とも卵、幼虫、サナギのそれぞれの段階で光ります。
ですから自然で光る卵や幼虫がいたら、それは蛍かもしれません。

蛍が光る仕組み

蛍の下腹部には発光器があります。
発光器にルシフェリンという物質があるのですが、そこにルシフェラーゼという酵素が働きかけると発光するのです。
ルシフェリンやルシフェラーゼの量や働きかける具合は種類により異なっています。
そのため発光の間隔も種類毎にバラバラなのですね。

SPONSORED LINK

-

合わせて読みたい記事