動物JP

日本に生息する動物を中心にお馴染みのペットなどを紹介

哺乳類

フレンチブルドッグの特徴と飼い方。性格温厚、しつけは容易

2017/01/05

french-bulldog

フレンチブルドッグのこと

歴史

その名前からフランスが原産とわかるフレンチブルドッグですが、誕生は1800年代の中ごろ、イギリスからフランスに持ち込まれたブルドックを起源としています。

もともと、イギリスでは闘犬のため、さかんにブルドックを繁殖させていました。

一方のフランスでは、ブルドックはパグなどの小型犬と交配され、温厚な性格の、愛玩用の犬種であるフレンチブルドックの祖先が誕生しました。

この犬が再びイギリスに逆輸入・改良された結果、現在のフレンチブルドックとなりました。

近年の主流は立ち耳ですが、このタイプが確立されたのは1900年ごろのアメリカです。

SPONSORED LINK

体の特徴

french-bulldog2

フレンチブルドッグの特徴は、こうもりのように立った大きな耳(コウモリ耳)と短い鼻先、そして筋肉質の体つきです。

この他に、額にしわがあること、しっぽはとても短いこと、短毛種であることが挙げられます。

また、体色は黒色や茶色のような暗い色のものが望ましいとされていますが、白色やベージュのような明るい色のものもいます。

性格

french-bulldog3

もともと闘犬に使われるほど荒々しい性格であったブルドッグですが、改良されたフレンチブルドックは温和な性格の個体が多く、まさに愛玩犬と言えます。

ただし、元をたどれば闘犬の血に行きつくため、個体によっては荒々しい性格のものもいます。特にこういった子は、気が立つと色々なものに噛みつく行動をとります。

活発な性格で利口であり、普段はほとんど吠えない、むやみやたらと走り回らない、といった室内犬向けの要素を持っています。また、甘えん坊のため、犬をかわいがりたい、という人向けの犬種でもあります。

飼いやすさ、飼い方

franch-bulldog4

フレンチブルドッグは小型かつあまり吠えない、利口といった性格から、室内飼いに向く種類です。

また、飼い主の言うことを良く聞くので、初心者向けの犬種でもあります。

ただし、強靭な爪や歯を持つことから、きちんとしつけをしなければ危険でもあります。

賢い犬なので、甘やかしすぎず、節度のある態度で飼育すればよいでしょう。

注意点

小型犬ではありますが食欲旺盛なため、肥満になる可能性が高い犬でもあります。

また、運動を好むため、1日最低1回、30分は散歩や遊びに連れ出すよう心がけましょう。

食事は栄養バランスを重視し、たくさん食べるからといって山盛りのご飯を与える、といったことは控えましょう。

また、短毛種のためブラッシングは毎日軽く行う、といった程度で大丈夫です。

ブルドッグに特有の鼻の周りのしわは、最低週に一回のペースで、濡らしたふきんでふくなどして清潔に保ってあげましょう。

暑さと寒さに弱いため、真夏、真冬の温度管理や散歩に行く時間帯に気を付けてあげることも大切です。

関連記事

  1. 食性から考える、犬の理想的なドッグフードの選び方とは?
  2. 無添加のススメ!ドッグフードに含まれる添加物が犬に及ぼす危険性
  3. 安価なドッグフードに潜む危険な肉の実態。肉骨粉など原材料の問題
  4. 安価なドッグフードに使われる脱脂大豆(大豆ミール)の危険性
  5. 犬にとって、危険な食べ物とは?避けたい食品

SPONSORED LINK

-, 哺乳類