動物JP

日本に生息する動物を中心にお馴染みのペットなどを紹介

哺乳類

ビーグルのこと。性格や飼い方、病気・ヘルニアの予防など

2017/01/05

beagle

ビーグルのこと

歴史

ビーグルといえば、世界一有名な犬種かもしれません。

その理由は、地球規模大人気のキャラクター、「スヌーピー」がビーグル犬だからです。かわいらしいスヌーピーとは裏腹に、実際のビーグルはウサギ狩りに用いられていた猟犬で、イギリスで誕生しました。

その血統は古く、祖先は11世紀頃までさかのぼることができるとされますが、「ビーグル」という名前で呼ばれるようになったのは16世紀頃とされています。

19世紀にアメリカへ輸出されるやいなや人気犬の仲間入りをしたビーグルはその地位を不動のものにし、現在でも10本指に入るというポピュラーな犬種です。

SPONSORED LINK

体の特徴

beagle2

ビーグルの特徴は、短い体毛とたれ耳、骨太でしっかりした体格です。

鼻先は四角張っていて、全体的に長方形な印象をしています。

日本では理想体高は33~40cmとされ、中型犬に分類されています。

ビーグルを用いた狩りは、複数のビーグルが「鳴き交わしながら」獲物を追うというスタイルです。そのため、大きく、よく通る吠え声をしています。

子犬の特徴

子犬の頃は真っ黒に近い体色をしていますが、成長とともにブラウンの毛に生え変わり、成犬では茶・黒・白の3色または茶・白の2色が混じった体色となります。眼の色は茶褐色または淡褐色の場合が多いとされています。

SPONSORED LINK

性格

集団で獲物を追うビーグルは、仲間内での争いを好まないという、協調性に優れたフレンドリーな性格をしています。

また、猟犬であるが故に臆せず、警戒心を持って獲物に立ち向かうことができるため、大胆かつ用心深いという、ちょっと矛盾した性格をしています。

やんちゃで遊び好きであり、社会性にも富んだ性格のため、飼い主の家族はもちろん多頭飼育も可能な犬種です。

飼いやすさ、飼い方

ビーグルは豊富な運動量を必要とする犬であるため、1日1時間以上の運動時間を確保できなければ飼育は断念した方が良いでしょう。

短毛のためブラッシング頻度は少なくてよく、1週間に1回が目安です。

温厚な平和主義者で、家族にも愛情を持って接することができますが、子どもがしつこく追い回すとストレスを感じることがあります。ケージなどで領域を明確にし、「休む」場所を確保してあげるとよいでしょう。

ヘルニアに注意

ビーグルは椎間板ヘルニアの発症率が高いことで知られています。

背骨の中にある神経を圧迫してしまうことが原因であるこの病気はとても強い痛みを伴い、重症例では自力で歩行や排便が不可能になります。

中~高齢の犬で発症率が高くなるとされ、散歩を嫌がる、座り込むと言った症状がみられるようになります。

何かしら違和感を覚えた際には、獣医師の診察を受けることをおすすめします。特に肥満がちな個体では、体重が負荷となって椎間板ヘルニアを発症しやすくなります。

そのため、日頃からしっかりと運動をさせてあげましょう。

また食欲旺盛な犬種のため、日々の食事管理には注意を払うよう心がけましょう。

関連記事

  1. 食性から考える、犬の理想的なドッグフードの選び方とは?
  2. 無添加のススメ!ドッグフードに含まれる添加物が犬に及ぼす危険性
  3. 安価なドッグフードに潜む危険な肉の実態。肉骨粉など原材料の問題
  4. 安価なドッグフードに使われる脱脂大豆(大豆ミール)の危険性
  5. 犬にとって、危険な食べ物とは?避けたい食品

SPONSORED LINK

-, 哺乳類

合わせて読みたい記事